みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、積極的な葉酸の摂取が求められています。
母子ともに健康な体でいるためにも、例えばサプリメントなどを活用しながら葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。

ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。

厚生労働省の発表によりますと1日あたり葉酸0.4mgです。さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。

野菜だけで十分に摂取できるかというと、葉酸不足の心配もあります。

ですので葉酸サプリで補給するのが良いと思います。なかなか妊娠できないという人は、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。基礎体温表をつけていくとその変化で、体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、不妊治療の大事なきっかけになるのです。基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るという注意事項もありますから、それを守ってつけていくことが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。

妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、大切な栄養素とは言っても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。
サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。ですがサプリには食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が配合されています。

ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、既定の容量を厳守するようにしてください。
実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。

その効果は日本の行政機関である厚生労働省も妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿、汗と共に体外に排出され、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。しかし、葉酸の過剰摂取によって最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。
サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、提示された規定量を必ず守るようにしてください。
実は、妊娠を計画している女性に向けて、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。
この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、日常的な食事以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。
サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。