自分がイエローベースかブルーベースか見分ける方法は、お肌や髪の毛の色をチェックすることである程度自分でも行うことができます。1番良く行われているのが、手首の内側に見える血管をチェックするという方法です。透けて見える血管が青ければブルーベース、緑色であればイエローベースと言われています。手のひらの色が赤やピンク色であればブルーベース、オレンジや黄色であればイエローベースという判断もできます。
しかし、なかなか自己判断するというのは難しいので、プロに判定してもらいましょう。中には中間のカラーベースという人もいます。コスメカウンターに行けば、すぐに自分診断してもらうことができます。カラー診断を行っているサロンも最近は増えてきています。
わざわざ出かけてまで自分がどちらか知るのは面倒だと言う人には、アプリがおすすめです。自分の顔写真を撮るだけで、どちらであるかを自動で判定してくれるので大変便利です。中には、アンケート形式になっていて、自分に当てはまるものを答えていくと結果が出るというアプリもあります。診断結果から、自分に合うメイクや服装、メガネといったものを紹介してくれるアプリもり、より自分をすてきに見せるためのアドバイスが得られます。トリニティーラインジェルクリームを検証